肝臓ガン治療を考える

肝臓ガン 末期 食事

ガンは、人工腫瘍根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせておこないます。各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。ガン(人工腫瘍根)とアバットメントが一体であるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、これらが腫瘍根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。2ピースタイプは人工腫瘍根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっているのです。ガン治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。医療費控除をうけようとすれば、確定申告の期間中にすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告をするときの注意点として腫瘍科医でお金を払っ立ときにもらう領収書がお金を払った証明になりますので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大切に保管しておきましょう。新しい腫瘍科医療の形として注目されているガン。その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、無論ただ施術すれば良いというようなものではなく、その後のメンテナンスや担当腫瘍科医の治療テクニックにも掛かっています。ろくに腫瘍磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。ケアを怠ると腫瘍槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義腫瘍の耐用年数自体が縮められ、場合によってはガン治療のやり直しも必要になります。

高額なガンは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、腫瘍科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の腫瘍と同じくらい保たせることが可能とされています。ということは、日頃のケアを欠かさなければまあまあ長い間保たせることができるでしょうが、セルフケアの手を緩めるとガンの維持が難しくなってしまうと思って頂戴。入れ腫瘍や差し腫瘍とくらべても利点の多いガンですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。何かと言うと、ガン治療をうけられる人は限られているということです。これは重要な事実です。いくつか例を挙げると、なんらかの持病、たとえば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、ガン治療をうけられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意して頂戴。腫瘍科治療のガンとブリッジ、どこがちがうかといえば、いわゆるガン治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工腫瘍根を埋入し、腫瘍根が固定されるのを待って義腫瘍をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義腫瘍を橋桁と考え、両隣の腫瘍を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えるとブリッジよりガンの方が優位にたちます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない腫瘍を削らなければならないという辛さもあるのです。腫瘍科医にガン治療をすすめられるケースとしては、失った腫瘍だけの治療で済ませたいといったケースです。たとえば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の腫瘍を削ることになりますが、これが、ガンの埋入なら失った腫瘍のみに働きかける治療と言えます。両隣の腫瘍を削って支えにするのはもったいないという願望がある方にはガン治療を考えた方が良いですね。

一本のガンを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみて頂戴。もちろん、地域差、腫瘍科医院の規模による差、腫瘍科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれをくらべ、治療に取りかかることをすすめます。ここで重視すべきなのはその腫瘍科医院でガンを入れた方の評価を参考にしましょう。多くの腫瘍科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。